ツイートする
facebookでシェア
「ひぐらし」シリーズでは原作・CS版共にOP映像でいつもお世話になっております、映像担当の「yo-yu」です。
原作初出の2002年から換算すると今年で16年目ですね。

前作「粋」では既存エピソードの集大成として新規映像制作致しましたが、 今作の新規OPムービーは全く新しいエピソードの映像化となります。

原作未プレイのファンの方は特に、冒頭から「再生したタイトルを間違えた!?」 と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、まぎれもなくひぐらしです。
内容としましては、「アウトブレイク」「神姦し」をメインに構成されております。
いつもの部活チームが雛見沢から規模を拡大して大活躍しますのでお楽しみに!

おかげさまで長寿シリーズとなり本映像をもちまして遂に10本目!
ここにご奉納させていただきます。

来年は「ベアト」達とも会える年になるそうですので、 次回は六軒島でお会いしましょう!
はじめまして、今回雛見沢停留所のイラストの担当をしている、ともぞです。
ひぐらしは学生の頃友人に薦められ遊んだらドップリハマっちゃって、 まさかそのひぐらしにコミカライズ、そしてゲームに関わる事が出来るとは思っても見ませんでした。
雛見沢停留所は原作とはまた違う独特のテイストの作品なので楽しんで頂ければ幸いです。
『ひぐらしのなく頃に』このシリーズ作品には毎回実に多くの謎が秘められているわけですが、 僕はあえて竜騎士さんやスタッフの皆さんにその『真意』を尋ねた事はありません。
作中のキーワードを出来るだけ使用せず、とにかく頂いたテキストを読み解き、 ユーザーの皆さんと同じ情報量、心理状態、疑心暗鬼のまま、楽曲づくりに臨みます。
これまで多くの作曲や作詞を担当させて頂きましたが、つまりそのどれもが、 あくまでも僕個人の解釈にすぎません。
竜騎士さんが書かれるテキストの行間に潜む「何か」に対する考察と仮説。
そこから生み出された楽曲の評価はさておき、それこそが作家としてこのシリーズと向き合う為の 最低条件であり、同時に何よりの楽しみでもあります。
あ、指定された文字数を大幅に越えている!
新作『ひぐらしのなく頃に奉』の楽曲コメントについては、 僕の各種SNSにてチェックして頂ければ幸いです!(笑)。
はじめてOPのお話を頂いた時、主題歌のイメージがロック調と伺ったので、
志倉さんが作られるデモ音源がくるまで、ドキドキしていました。
実際音源を聞いた瞬間、疾走感の中に切なさの要素が盛り込まれていて、
そこを表現しつつ、かっこよく歌えたらなと。

ある意味私の中では新境地です(笑)。

「ひぐらしのなく頃に」の世界観を広げられるように、
切なさの中のロック★をみなさんに届けられたら、嬉しいなと思います。

20周年記念アルバム「永遠のSEED」もどうぞ宜しくお願い致します!